読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new work style

~副業から起業を目指すサラリーマンの日常と備忘録~

Creative mind in the business

副業と起業のためのクリエイティブ・マインド

副業サラリーマンができあがるまで⑧ ~自分自身を知っておこう~

「汝、自らを知れ」(ソクラテス)

自己紹介がてら振り返る歴史⑧

f:id:matoi-kyoto:20161214105955j:plain

自分を知ると言うこと

自分の経歴を書きだして、気が付けばもう8回…。どんだけ自分語りしたいんや(笑) もう少しタイトにまとめるつもりだったんですが、経験やら愚痴やらを書いているうちに、気が付けば長くなってしまいました。でも現在に至るまでの自分を反芻する意味も込めて、順を追ってまだまだ書いていきたいと思います。

自分の能力が知りたい

さて、無事に夜の世界から離れた僕は、数年ぶりに朝昼に起きる生活に戻る事になりました。さて次は肝心の職探しです。そうです、大阪に出てきた頃以来、数年ぶりに昼間の仕事に就く事を考える時がやってきたのです。 新たに転職活動を行うにあたり、気になることがあります。今まで学校に通ったり、誰かの下でデザインや制作をしていたわけではないので、本当のところの自分の実力がわからなかったのです。正に井の中の蛙状態でした(笑) 

そんなわけで、転職活動の前に、まずは今の自分が、どれくらいのスキルを持っているのかを知る必要と、それを面接の際に証明をする必要があると思い、WEB関連やデザイン関連など、今の自分に取れそうな資格を取りに行こうと思い、しばらくゆっくりしながら、様々な資格試験に挑む事にしました。

結果、これまで独学で得た知識は、細かいものを含めて、10数個の資格に化けました。遮二無二もがいていた日々は、決して無駄ではなかったのです(笑)  数年間ほぼ独学で覚えた井の中の蛙の泳ぎ方は、不格好ではあれど、さほど間違ってないなかったようで、これまで浮き輪をつけていた気分だった僕も、少しは泳げるんだと自信を持てた気がしたのを覚えています。楽しみながら学んでいたので、あまり努力したような感覚はなかったのですが、努力は実る、を実感した時でした。…そうです、ちょっとした自慢です(笑)

この時に僕は改めて、役に立つ立たないは別にして、時々自分を客観的に評価する(してもらう)、のは大切なことだと思いました。ずっと同じ環境の中にいるとつい、自分の現状を見失ってしまいがちだと思います。例えば、自分の上司からの評価は悪くても、別の部署や別の会社の人間からすれば、とても優秀な人、なんて人も意外と多いんじゃないのかな? と思ったりします。もちろん逆もあるのでしょうけど。

しかしながら、自分の実力などを知る事が、自信に繋がることも大いにあると思いますし、逆にできない自分を知れば、増長や慢心を防げることにも繋がるんじゃないかな?と思います。社会人になって無くなった物の一つに「テスト」があります。学生時代にはテストなんて憂鬱の種でしたが、大人にこそ必要なものなんじゃないかなぁ? なんて思ったりもするようになりました。

かくして、ついに転職活動を始める事になったのですが、さて何の仕事をしようか? その答えはまだ漠然としか決まっていません。先々の事も考えつつ、本格的な職探しの前提となる職選びがスタートしました。

それでは今回はこのへんで、ごきげんよう。