読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new work style

~副業から起業を目指すサラリーマンの日常と備忘録~

Creative mind in the business

副業と起業のためのクリエイティブ・マインド

副業サラリーマンができあがるまで⑪ ~ショッピングサイトに触れる~

「世界は一度だけ創造されたのではなく、
  独創的な芸術家が出現したのと同じ回数だけ度々作り直されたのである」
   (プルースト)

自己紹介がてら振り返る歴史⑪

f:id:matoi-kyoto:20161214165453j:plain

WEBサイトを生き返らせよう

初日からつまづきまくり、不安要素たっぷりの中でスタートした新しい職場ですが、とりあえずWEB関係の仕事の状況を把握する事からスタートする事にしました。サイトのシステムは某大手ショッピングカートを利用していて、状況的にはほったらかし、商品写真すらマトモに載っていない商品ページもあるような状態です。「だいぶ荒れた状態ですね(苦笑)」と言った僕への答えは、「前の人が辞める時に、一部の写真を削除しちゃったみたいで…」、やっぱ揉めてたんですね(笑)

とにかくサイトの体裁を整えながら、カートシステムの使い方に慣れていきました。通常のサイトの作り方とは違う部分も多いので、サポートダイヤルに質問しながら少しずつ把握していきます。大手のカートシステムはサポート体制も磐石で、ホントに助かりました。そうしてこつこつとした孤軍奮闘の勉強の日々は続きます。

そして仕事を始めて1ヶ月も経った頃には、ショッピングカートの契約や、ショッピングサイトの作り方、商品登録と商品ページの作り方、注文と決済、商品の梱包と配送など、ネットショップで物を売ると言う事の、一連の流れが理解できはじめていました。サイトが新たに可動を始めると少しずつ売上も増え始め、だいぶショッピングサイトらしくなってきました。

とは言え、中小企業の小規模のショッピングサイトですから、セールで大忙し! 一気に注文が来て在庫が無い! 的な、大フィーバーを経験する事などありませんでしたが、それでもコンスタントに注文が入っていたので、それなりの商品(失礼)でも、それなりにサイトを作れば、ある程度の売上があがるもんだなぁ、と変に感心していたものです。

自分のペースで手探りながらも、ショッピングサイトが息を吹き返してきた頃、それまで心の中で疑問に思っていた、会社の色々な疑問や、言いようのない違和感の答えの一部が露呈されていく事になるのです。果たして前任の人が揉め倒して辞めた理由とは何なのか?

と、いった所で今回はこのへんで、ごきげんよう。