読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create a new work style

~副業から起業を目指すサラリーマンの日常と備忘録~

Creative mind in the business

副業と起業のためのクリエイティブ・マインド

副業サラリーマンできあがるまで⑮ ~新しい仲間、新しい視野~

スキルアップ 管理人について
「人生は一人じゃない 二人三脚で走らねばならんこともある」
 (手塚治虫)

自己紹介がてら振り返る歴史⑮

f:id:matoi-kyoto:20170202134012j:plain

チーム ~営業職としての目線~

先輩の退職後、しばらくは実質的な社員が一人の状況が続きましたが、程なくして新しい営業職の社員さんが入社することになりました。今度は社会人経験も少ない20代半ばの若手社員です。僕や先輩とは違い、職場全体の仕事の流れなどを大まかに経験しながら覚える研修制度もあり、少しずつ職場に慣れていってくれました。それもそのはず、今回は社長が面接し採用を決めた事もあり、一人前になるまでしっかり研修させる、と張り切っていた事もあったのかと思います。(僕と先輩は坊ちゃんの面接・採用)

真面目で吸収意欲もあり、スイスイと仕事を覚えてくれた後輩君は人懐っこい性格もあって、すぐに職場のパートさん達にも受け入れられる存在になりました。当時僕は、WEB企画・販売に加え、商品のデザインも一部任されるようになり、WEBデザイナーとしてのコーディングなどの仕事よりも、商品デザインが日々の仕事のウェイトを大きく占めていくようになり、後輩君の仕事のフォローとデザインや企画の参考に、と言う事で営業や打ち合わせの席に同席する機会も増えてきました。

 それまでは日々内勤でパソコンのモニターとにらめっこの日々だったのですが、外に出て色々な人と話すと、当たり前のことですが、商品に対してもお客さんに対しても、もちろん売り方についても、バイヤーさんによって考え方が様々あることに改めて気づかされます。そしてやっぱりいい息抜きになりますね。今まで凝り固まっていた自分の考えがほぐされていくような、色々な気づきに出会えた日々でした。

 営業畑出身の社長からすると、社員が外に出て動くことには凄く寛容で、営業職でない僕が営業職まがいの仕事をする事にも喜んで賛成してくれていました。得意先依頼のOEMの案件なども少しづつ増えていき、次第に商品の製造に携わることも増えていくことになると、僕の仕事は多岐にわたるようになってきます。それに伴い、未研修だった社内の仕事などにも色々と携わることになり、結果的に企画・デザイン・製造・納品まで、一貫して社内の仕事に携わっていく形になりました。

 そうして後輩君ともお互いフォローし合いながら得意先の案件をこなしていく日々が続きます。得意先によりイレギュラーな案件もありましたが、お互いの得手不得手をカバーしながら、良いパートナーとして仕事に取り組めていたと思います。入社当初のWEBデザイナーと言う肩書きはどこかへ行ってしまったような日々でしたが(笑) バタバタとしながらも新しい事を楽しみながら仕事ができていた状況でした。

社内にも後輩君が入り、馴染んできてくれた事もあり新しい風が吹いてきたような日々です。しかしまた、爽やかな風が濁るような事態が起こりつつあるのでした。その続きは次回と言う事で。

それでは今回はこのへんで、ごきげんよう。